ロッテリア 池袋北口店

言わずと知れたハンバーガーチェーン、ロッテリア。


以前はだんぜんマクドナルド派だったんですが、友人とマックVSロッテリア論争をしていたところ、マックのほうがいいだなんていうのは、エビバーガーを知らないからだ、と強く主張され、そんなに言うなら食べてやろうじゃないかといきり立ち、このお店に来てみたわけです。


たしかに、エビバーガーの存在は知ってはいたものの、ふつうのハンバーガーの完成度でいえばロッテリアの出る幕はない、というのが私の周囲でも大方を占める意見でした。


ロッテリアのハンバーガーは、なんだか具材の一体感がなく味のまとまりが悪い、という印象だったのです。


ところが、彼のいうエビバーガーを食べて、ロッテリアに対する印象は一変しました。


いままで下に見ていたことを謝ります。


ごめんなさい、ロッテリア。


依然としてハンバーガーはやっぱりマックのほうが美味しいとおもうのですが(もう一度食べ比べしてみたのです)、エビバーガー、完敗です。


いや乾杯、というべきか。


こんなに素晴らしいメニューを知ることができたのも、あの日の論争のおかげ。


そう思うと、ロッテリアのハンバーガーが好きじゃなかったことがもしかしたらよかったのかもしれない。


だってもしハンバーガーがマックを上回るおいしさだったら、おそらくそればかり食べ続け、エビバーガーなど邪道だといって見向きもしなかったでしょうから。


魚三酒場 富岡店

おじさん達が集う魚三はこのあたりだとかなり有名で、16時から店が空いていて夜までにぎわっている。


日曜祝日定休という驚きの仕組みも、この辺の会社員相手の商売と思えば理解できよう。


なんと言ってもこの店の特徴は安さにある。


そう。


とにかく安いのだ。


刺身はまぐろでも300円台で提供。


ほかも300円、400円台が並ぶ。


酒も進むが初心者はこの混雑具合に驚くかもしれない。


なんだろう平日の夕方というのに超満員で飲んでいる人はおじさんばかりのあの到達感というか勢い、グルーブ。


ちょっと若い者なら気圧されるオーラのようなものが店全体から漂っている。


それもあってか回転率が早いのが特徴か。


有名店にも関わらず客単価は驚く程低いはず。


おそらく2000円台とか3000円台前半なのでは。


みんなサクッと飲み、サクッと支払い店を出て行くのだ。


もちろん腰を落ち着ける人も少なくないだろうが、ここを一件目と割り切りとりあえずアルコールを入れることだけを考える常連も少なくないだろう。


とは言え私はいつも結構な長時間入り浸ってしまう。


楽しいんだよな単純に。


一人でも入れる気軽さも備えているから近くに住んでいる人にはぜひとも足を運んで欲しいお店だ。


大行列でもびびるなかれ。


それが魚三スタイルだ。


ハティフナット

森ガール御用達みたいな雰囲気のお店なんですが、素直に可愛いです!!そういうのあんまり好きじゃないと思い込んでたんですけど、やっぱり女はみんなこういう感じにはやられちゃいますよね~。


まず、頭をかがめて入るようなちっちゃいドア。


かわいいポイントです。


そして階段をあがると木でいっぱいのメルヘンな店内!注文したいときはヨーロッパのおもちゃについてるみたいなヒモを引っ張って、注文。


これもかわいい。


そして伝票は紙じゃなくて木のスプーン!かわいい。


母親(50歳)もかわいいかわいいとメロメロになってやたら気に入ってましたね。


この日はプリンのかくれんぼっていうメニューとコーヒを頼みました。


メニュー名もいちいちかわいい。


かわいさに浸りまくるのもたまにはいいものですね。


意外とお酒メニューもいっぱいあって、女の子数人でココで飲むのもいいなーと思いました。


さっきからかわいいしか書いてないので、味はイマイチなの?と思われるかもしれませんけど、ちゃんとおいしかったです!ケーキだけじゃなく食事メニューも充実してるんですよね。


あと、高円寺には多いですけど、営業時間が長いのが嬉しい!お店の雰囲気からすると10時には絶対閉まってそうなんですけど、夜中の0時までやってるというのが嬉しい。


残業ですさんだ心を癒しに、また訪れたいと思います。


やるき茶屋東長崎南口店

東京で友人の展示会があり、それの手伝いと言う名のバイトで上京した。


友達はホテル住まいというが私はどうしたら良い?で、思いついたのが高校の後輩だ。


あいつ確か池袋に住んでいたはず。


是非とも泊めていただこう、とほぼムリヤリ頷かせると池袋じゃなかった。


東長崎という駅でした。


どこ?長崎?そう、本当にそんな名前の駅があるのだ。


つうことで後輩にまずは説教、池袋じゃないじゃん…。


と、言いながらもせっかく泊めてもらうのだからさすがに酒くらいおごらねば私のメンツが立たない。


と、言う訳で駅前のやるき茶屋という店に入る。


これは東京だけなのか?地元にはない看板。


駅を出てすぐのお店に一縷の迷いもなく入った。


近いから! 元気のよい挨拶とともにオシャレなお通しが。


え、そういう店なの?と後輩に聞くと、いやいや普通の大衆店と言われ安心。


メニューを見ると串から刺身、イタリアンとなんでもありのオールマイティ居酒屋のよう。


串盛りを頼んだ後は後輩が好き勝手注文した。


私は一杯目からホッピー(新幹線でビールを飲んでしまったので)をガツガツと。


明日は展示を手伝ったあと軽いパーティというからやはり酒が飲める。


上京口実に飲んでばかりいるが、実は医者に怒られているんだよね。


ミスタードーナツ秋葉原ショップ

学校が終わってから秋葉原に行く。


友達と一緒にミスドに入る。


って最近はいつもこんな感じ。


私たちまだ二年生だから勉強しなくていいし、とは友人の弁でたぶんいろいろなツッコミどころあるが私たちは確かにあまり勉強していない。


それにまだ勉強しなくていいんじゃね、という気持ちも私にも正直あるから良くないね。


学校には巨大な図書館が鎮座しているものの、無視。


すぐに私たちは学校を出てミスタードーナツである事ない事話してあっというまに夕方を使いは果たしてしまう。


 今日も友達と2人でミスドビッツを買った。


これ小さいのがたくさん入っていて楽しいんだよね。


量も色々あるし。


いつも18個入りを分けるのだけどいつか30個入りに挑戦したい。


こちらは1000円を越えてくる金額なので遊びでは買えない。


ちょっと気合い入れないとね。


パーティとかに絶対あったら喜ばれそうだ。


カップに入った名前のない小さいとドーナツたちはどれもそこそこうまいからリピーターになること必至ですよ。


しかもお量を考えると得感あるな。


ぜひみなさん試してみて。


 と、今文章を打ちながらがっかり。


こんな干上がった主婦ブログみたいな文章書いているのだからやはり勉強はしないとな。


さすがに危うさ感じました。


日吉 個室